食堂生活*食品

夕べはどうかしていたかもしれません。一瞬、日本の器だとおもったのですが、今朝はまた洋食器です。朝から漬け物。

f:id:tenuguisan:20151014105436j:plain

夜、加賀棒茶をのみました。

食堂にアルカレンダーは、日本の米カレンダー、10月は、金色に実った稲穂、秋田県仙北市、毎日みとれてしまいます。

夕飯は、ファミレスで、鳥、イカ、ほうれん草、スパゲティなど、イカとほうれん草がおいしかったです。

夜、玄関の外壁をヤモリが歩いていました。

朝は、京都のお茶漬け、近江の千枚漬け、京都のナスのからし漬け、奈良の梅干し、静岡茶、でした。

最近の洋食器は、トルコのことだと思います。

おじいさんが、夕べ、山が半分なくなる、みたいなことをいっていました。おじいさんは、朦朧としています。

朝早くから、庭の木でヒヨドリが、騒ぎ続けています。カラスも鳴いています。

弱く、東京も、感じます。