読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハマヒルガオ

6月いっぱいは咲いているだろう、歩道脇の雑草の中にポワンポワンと見えていた花も、歩道にはみ出していたツルもなくなっている。どうして~

ハマヒルガオは、び~だま万華鏡で写真を撮るデザインに似ている~
覗いただけではこうは見えない~

以前は、ピンク色でパイプオルガンとオルゴールを思い出していた。オルゴールがなぜピンク色かはわからないが、パイプオルガンは室内の雰囲気が、ピンク~茶色に感じたからか~
カザルスホールは、椅子の色も茶系のピンクだった記憶~

f:id:tenuguisan:20170524174203j:plain

先日、あるコンサートホールでのコンサートに出かける予定をたてた。
その数日間、音にまみれたかった。
そして同時に、こんなコンサートではないんだな~と、もっとノリノリの音楽を思い描いた~
黒い洋服の男性が歌っているぼんやりした光景~
「こんな」がなにを意味するのか、その時、自覚がないから、そのことばをひっぱりだしてきて、問い直しはできない~

f:id:tenuguisan:20170524174122j:plain

同じものを覗いても違う~距離か?

みたのはこれ~
f:id:tenuguisan:20170524174650j:plain

ホットチャイ*

一週間ほど前~

f:id:tenuguisan:20170519195959j:plain

パイプオルガンのある風景を懐かしく思い起こした。
お茶の水、カザルスホールで何度かランチタイムコンサートを聴いたことがあった。
今は休館~

あちこちで、パイプオルガンのランチタイムコンサートはやっているみたいだ。

パイプオルガンは音も楽曲も風景も一体感があるな~

アイスチャイ*キーケースをび~だま万華鏡でのぞく~

ホットチャイ

ホットチャイ*
f:id:tenuguisan:20170517193815j:plain

チャイを求めて毎日でも通いたいが、そうもいかない~
久しぶりに、シナモンをはじめから入れる~

ある種類の~通っているお店を変えて数ヶ月、どうしてかな~と。
店員さんの家族がお一人、インド暮らしだそうで、以前に通っていたときもそうでした~
それで?~
よくわからない~

チャイ

アイスチャイ*
f:id:tenuguisan:20170507193043j:plain

谷中の商店街近くのインドカレー屋のチャイはおいしかった。
チャイのカップが小さかったとtenuguisantori'sdiaryに書いたが、よくよく思い出してみると、ランチを何度か食べていて、カレーセットの最後にチャイ。だからカップか小さかったのかな~。
調べてみると、日暮里駅近くの、ダージリン、というお店。インド料理、紅茶専門店みたいで、何度か食べていても店名を覚えていないのは、こまったものだ。

チャイのカップ、どんなのがいいかな~

桜やさくらんぼ、まだまだ桜の興味も続きそう。

近所の、キジバトが優雅にとまるアーチには、アンジエリカというバラが咲いていた。

桜と薔薇、京成薔薇園では八重桜とツルバラが向き合って咲いている風景が印象的だったが、今はもう、八重桜は散ってしまったのではないかな~
あの時も、バラの下の地面が桜の花びらでピンク色でした。

三つの風景

ホットチャイ*
f:id:tenuguisan:20170503191042j:plain

浮かんでは消える三つの風景*
世界最古の墓地に供え?られた花*
ただただブルガリアのバラの谷*
最初のほ乳類小さなネズミと花*

ロサ・レビガータ・ピンク

和名ハトヤイバラ*千葉京成薔薇園*
f:id:tenuguisan:20170430194709j:plain

落葉樹の光が射し風通る林に*
f:id:tenuguisan:20170430194902j:plain