かたばみさんぽ これだけ旅道具

f:id:tenuguisan:20140914162043j:plain

岩手県二戸市にある、天台寺をぶらぶら散歩。どうしてこの寺を散歩しようと思ったかは、よくわからない。奈良時代あたり、桂の木の根元から水が湧き出たことから、桂観音と呼ばれていたのが始まりらしい。
宝物館には、何体もの仏像がある。聖観音像、如来立像、吉祥天立像など、どうしたことか懐かしいのだ。何ともいえない懐かしさ。かたばみさんぽ、仏像の前をいったりきたり。

これだけグッズは、これだけあれば旅ができるという、最低限の持ち物。天台寺では単眼鏡が役に立った。