キーホルダー3

「ぽつんとこれだけ!」と、ひつじ。「伸ばしたり縮めたりして遊ぶんだ!」と、また、ひつじ。

f:id:tenuguisan:20160404122117j:plain

木が歩き出すすがたを思い浮かべると、楽しい。
冬のミズキが、よっこらしょっと根っこを持ち上げ、好きな場所へ行き、すきなように枝を広げて模様を作る。
ミズキの枝は細かく分かれすぎていて、分かれ始めたら止まらない。
江戸小紋みたいに永遠だ。

鳥の様子と食べ物あれこれは、tenuguisantori’sdiaryに引っ越しました。タイトルがなぜこうなったか?