梅さん 

f:id:tenuguisan:20150522090041j:plain

買い置いていた、熊本の水、最後の一本。これは梅さんのものとなった。静岡苺水を飲む。梅の産地、紀伊半島、和歌山が、思い浮かぶ。どんな風に山が並んでいたかとか、紀伊半島がもっと大きくなって、近くに島があったら、橋が出来るかもしれないとか、梅さん、妄想。
橋は、車、自転車禁止で、歩くことしかできない。開閉式屋根付き。

梅さん、水と、金沢のお茶と、ドイツチョコひとかけらで日中を過ごし、夜は、出先で、なんでもありの食堂。いろいろ食べたが、美味しかったのは、タイ料理っぽい味のもの。それから、もやし料理を何種類か食べる。
いつも、茨城の公園や花畑や、梅のころの偕楽園を思い出していた。
千葉のバラ園も思い出す。

もやしを食べ過ぎてるから、もやしの生産地を見たら、ダントツ栃木、次いで福島、神奈川だった。

梅さん、まだまだ、北海道~東北~九州いったりきたり。