椿 千葉 房総半島

f:id:tenuguisan:20150515191305j:plain
ぴったりくるものがなく、季節ではない椿の古布。ビニールに入れて、しおりにしている。しかし、ぴったりくるって、何だろう。

梅さん、忙しい。夜中に、山梨が浮かんでしかたなく、山梨、静岡の県境、梅のつく温泉とか、山梨の奈良田とか、あっ、やはり、梅気分。
朝は夢をみたが、よく覚えていなくて、長かったのに印象も残らない夢。
房総半島や、伊豆諸島、小笠原、東京湾、神奈川、静岡あたりも思い浮かぶ。やはり。千葉の祭り寿司は、すごいな~と感心、漁師の方々の食事?が変化したとか。

梅さん、朝ご飯は、千葉サツマイモに、昨日と同じく、岩海苔を炒め味をつけたものをかけて食べる。あとは長崎のプチトマト。宮城、岩手も、まだまだ、思い出す。

のばらさん、ドイツのチョコ苺を、少し食べる。

お昼ごろ、横浜天ぷら、白エビは、富山産、小豆島ソーメン、唐辛子入り。いつもの天ぷら煮麺。

兎さん、愛知沖へ。奈良の南や紀伊半島も、よく思い出す。

兎さん、夕飯。鰹節、梅、おにぎり。岩手のご飯に宮城の海苔。群馬卵焼き、岩手ワカメ、厚揚げと島根ネギの味噌炒めだった。おにぎりが食べたかった。

21時ごろ、栃木苺、茨城練乳がけ。
兎さん、長野、新潟、栃木、茨城、思い出す。
けっこう、ツ~ンと、噴火っぽい。境目といえば、神奈川と静岡の境目も思い出す。静岡の苺水も、三杯も飲んだのに、書きわすれている。蒸し暑さに、水分補給なのだろう。

梅さん、北海道~東北~九州いったりきたり。寄り道、大阪あたり。