摩周湖 北海道川上郡弟子屈町 標高355m 水深211.5m 透明度19m

f:id:tenuguisan:20141202143510j:plain

摩周ブルーという色は、知っていた気がしていた。摩周湖を眺めて、そう、この色と、まだ、知っている気でいた。ところが、このビーズだと思って万華鏡に入れて見ても、摩周湖の色にならない。なんども選び直した。他の湖は、数秒でビーズが決まり、納得できることが多かったので、摩周湖にはとても時間がかかり、いまだに納得していないのが不思議だ。ある年の12月のこと。
摩周湖は、世界で二番目の透明度だそうだ。

ビーズ
f:id:tenuguisan:20141202143529j:plain

花さんは摩周湖をぼんやり眺めながら、紅茶を飲んでいた。花さんのボンヤリと同じくらい、てぬぐいの花も、アールグレイの味もボンヤリ優しい。花さんのふる里のパキッとした青も思いだす。
いろんな青色がある。花さんの好きな花、ブルーポピー。そういえば人はどうして、青い薔薇に執着するのだろうか。青い薔薇がこの世にないから、哺乳類が誕生したかもしれないのに(適当)。
ボンヤリしながら、色んなことを考えていると、あっというまに時間が過ぎる。
さて、どこへ行こうか。幌延町稚内石狩川、秋田と岩手の間、乳頭温泉に入って、太平洋を泳ぎまわり、尾瀬ヶ原、新潟、長野、岐阜、滋賀、三重、京都の旅かな~あっ、茨城も。

f:id:tenuguisan:20141202144932j:plain