クッタラ湖 北海道白老郡白老町 標高258m 水深148m 透明度19m

f:id:tenuguisan:20141116173503j:plain

ビーズは小瓶に入れ蓋に湖の名前を書いておいた。今日はクッタラ湖だ、と、すぐに決まった。クッタラ湖は、魅力的なカルデラ湖だ。
その日は晴れていた。ボートに乗った。とても深い湖で、気味の悪いほど綺麗だ。人がいない。湖面がコップに入れた水のように、表面張力で盛り上がっているのではないかと勘違いした。盛り上がっていたのだろうか。

ビーズ
f:id:tenuguisan:20141116173525j:plain

ユキヒョウの花さんと、ナガノホタテとタカハシホタテは、湖でボートに乗っていた。ナガノホタテが、湖では沈むことができないな~海なら沈みたい、というと、タカハシホタテが、泳げばいい、と、ポチャンと湖に飛び込んだ。タカハシホタテは、泳ぐどころか、ぐんぐん沈んでいく。
花さんはあわてて、湖へ飛び込むと、潜りながら片手でタカハシホタテを捕まえた。危なかった。化石だから重たく、沈むのははやい。危うく溺れそうになったタカハシホタテは、そんなはずはないという顔をしている。
三匹は、ボートを降りると、函館、青森、岩手に向かい、宮城の栗原市にある伊豆沼で一休み。上空を水鳥が飛んでいくのをボンヤリ眺めた。
それから、千葉へ向かったようだ。

f:id:tenuguisan:20141116173617j:plain
宮城県栗原市伊豆沼