ボタン 東京都文京区 ひつじは仙台

夏に庭園のあるホテルで、お茶をいただいたことを思い出す。温かい飲み物をお腹に入れるといつになくぼんやりしまったりし、時間を忘れる。お茶会仲間は「美味しい」しか言わない。「美味しい」の連続で時が過ぎる。そしてかなり満足する。満足とは、面白いものだ。
やはり夏、尾瀬の長蔵小屋の近くで休憩しうつらうつらしていたら、物凄い音が近づいてくる。こんな自然豊かな山に何事かと空を見ると飛行機だった。なぜかとても怖かったことも思い出す。
お茶をたっぷりいただいたひつじは、3日前の朝方、うつらうつらしながら、大きなヒトスジシマ蚊の夢をみたという。フェルトでできた蚊だったそうだ。ひつじは宮城県へ一匹旅。仙台の街をフラフラしたいのだそうだ。

f:id:tenuguisan:20141010204916j:plain

庭園

f:id:tenuguisan:20141010204947j:plain