杉林 ひつじ

f:id:tenuguisan:20140904101230j:plain

栃木県日光の山を歩いて、熊に見られながら昼寝をしたことを、ブログを始めたころ書いた。戦場ヶ原や小田代ケ原は、夕方歩くと動物に出会う確率がいちだんと高い。
大きな雄鹿の気配は、熊と勘違いするほど強く、姿を見せるまで落ち着かない。ただ、いまは、柵が出来ていて動物との接触は無理かもしれない。
あっ、雄鹿の気配より熊の気配の方がやさしいのかもしれない。
それにしても、イグアノドン三匹は、北海道で熊に出会うことはないのだろうか。今日はやたらに、熊を思い出す。