杉林 木漏れ日

f:id:tenuguisan:20140706220729j:plain

直射日光を避け、木漏れ日に。

なぜか、霧積温泉に行った日のことを思い出してしまう。

車を降り、温泉までかなり歩くコースだった。
登り口で、熊に会いそうだから引き返そうとしたほど、山へ入るのがイヤだった。
もう少しで温泉宿、というところで、山道の下のわずかな平地を熊が歩いているのが見えた。
いそいで宿に駆け込んだのを覚えている。

こんなことを思い出しているのも、途中に、杉林があったからなのか、それとも「熊」を気にしているからなのかよくわからない。